データ登録の流れ

登録の準備から、公開までの流れを、フローチャート図で表しています。
いくつかの項目はクリックすると、詳しい解説へリンクします。
flowchart_japanese

 参考URL登録を始める前に
BMRB登録で必要なもの
・帰属した化学シフトファイルの作成
・研究分子の記述や、実験や論文などの研究情報

PDB登録で必要なもの
・原子座標ファイル、制限情報ファイルの作成
・登録サイト「ADIT-NMR」において、構造決定についての情報

制限情報ファイルは、計算機で使用したそのままの形式で提供することができます。

 参考URLADIT-NMR 登録サイト SMSDep 登録サイト
登録サイト「ADIT-NMR」における作業内容について
・研究情報の入力
・化学シフトファイル・原子座標ファイル・制限情報ファイルを、登録サーバーへ送信

BMRBとPDBデータは時期をずらして提出することも可能です。


「ADIT-NMR」の作業完了後、BMRBあるいはPDBのIDが自動的に発行されます。
そのIDが記された通知メールが、登録者に届きます。
これらのIDが、BMRBおよびPDBの正式な登録番号となります。

・BMRBの登録ID:5桁の数字
・PDBの登録ID:4文字のアルファベットと数字、および「rcsbXXXXXX」の文字列("XXXXXX"は6桁の数字)

 参考URLEntries Received and Being Processed
ここでは、以下の学術妥当性の確認を行います。
・データ記述の整合性確認
・化学シフト値のBMRB統計値との比較
・データベースの関連登録データとの比較

処理後、BMRBの担当者から登録者へ、確認した内容についてメールを送ります。


BMRB担当者より、確認結果のメールが英文で届きます。

メールの内容は
・登録内容を閲覧できるURL(登録データ確認用ウェブサイト)
・統計データを閲覧できるURL
・登録内容に関する質問事項

登録内容を確認した後、質問事項への回答(もしあればデータの修正点)を、7日以内に担当者へ返信して下さい。
30日以上返信がない場合、処理完了とみなし、自動的に「公開待ち」となります。(最大1年)


 参考URLEntries 'On Hold'
メールを何度かやり取りした後、最後に"登録完了のお知らせ"メールが登録者へ届きます。
そして登録エントリーは「公開待ち」の状態になります。

<質問事項が全てクリアになった場合のメール>
No further information is required.
You are, of course, welcome to revise or update your entry at any time.
We will release the entry or put it on hold according to your request.

<30日以上返信がない場合のメール>
Since we have not received your reply for our requests listed below in this month,
we will put the entry on hold according to your request.

登録後、上記どちらの場合でも、
You are, of course, welcome to revise or update your entry at any time.
--- いつでもあなたの登録エントリの、修正または更新を歓迎します --- BMRB policyより

参考URLListing of New BMRB NMR-STAR files
登録者が「ADIT-NMR」で設定した公開条件にしたがって、「公開」となります。
この保留期間は、ADIT-NMRやSMSDepの中で指定することが出来ます。
  (→FAQ Q2-1 登録データの公開時期はどのように設定できますか?)
もちろん公開条件に関わらず、いつでも公開を要求できます。 PDBまたはBMRBまでご連絡ください。

公開までの保留期間は、上記に関わらず、登録日より最長1年となっています。
  (→ここでいう登録日とは、登録番号の発行メールの送信日にあたります)

登録日より1年が経過した後、事前通知なく、公開となります。
  (→もし公開を望まない場合、登録日から1年経過する前に「取り下げ申請」をBMRBグループまでご連絡下さい)